夫が亡くなりました。相続人と相続分を教えてください。

質問
夫が亡くなりました。だれが相続人になりますか?
また、相続人の相続分(相続割合)を教えてください。

回答:司法書士たかはし
まずは、奥様(妻)が相続人となります。
相続分とその他の相続人については、少し複雑になりますので、以下をご覧ください。


1.夫に子がある場合

夫(被相続人)に子がある場合(子がご存命の場合、という意味です)、妻と子が相続人となり、相続分は次のとおりです。

 妻:2分の1
 子:(2×子の数)分の1ずつ  【例】子が3人の場合、各6分の1

ここで言う「子」とは、夫の子であれば妻との間の子に限りませんので、夫と前妻との間の子や、夫が認知した子も相続人となります。また、胎児も相続人となります。

子はいたが、夫の亡くなる以前にお亡くなりになったという場合は、その子の直系卑属(子や孫など)が、その子に代わり相続人となります(代襲相続)。

なお、夫がお亡くなりになられたのが平成25年9月5日以降であれば、夫の子が嫡出子であるか非嫡出子であるかによって、子の相続分に違いはありません。

2.夫に子がおらず、夫の親がいる場合

夫に子がおらず、夫の親がいる場合(夫の父母またはその一方がご存命の場合、という意味です)、夫の親と妻が相続人となり、相続分は次のとおりです。

 妻:3分の2
 親:3分の1  父母ともにいる場合は、父母各6分の1

夫に子も親もいない場合で、夫の祖父母またはその一方がいる場合は、夫の祖父母と妻が相続人となり、相続分は次のとおりです。

  妻 :3分の2
 祖父母:3分の1  祖父母ともにいる場合、祖父母各6分の1

さらに、夫に子も親も祖父母もいない場合は、夫の曾祖父母と妻とが相続人となり、相続分は上記夫の親や夫の祖父母の場合と同様となります。

3.夫に子も親等もおらず、夫の兄弟姉妹がいる場合

夫に子も親・祖父母等もおらず、夫の兄弟姉妹がいる場合(夫の兄弟姉妹がご存命の場合、という意味です)、夫の兄弟姉妹と妻が相続人となり、相続分は次のとおりです。

   妻  :4分の3
 兄弟姉妹:(4×兄弟姉妹の数)分の1  【例】兄弟姉妹が4人の場合、各16分の1

兄弟姉妹はいたが、夫の亡くなる以前にお亡くなりになったという場合は、その兄弟姉妹の子が、その兄弟姉妹に代わり相続人となります(代襲相続)。

夫の兄弟姉妹の中に、夫の父母と一方だけが同じ父母を持つ兄弟姉妹がいる場合は、その兄弟姉妹の相続分は、夫の父母と同じ父母を持つ兄弟姉妹の相続分の半分となります。

4.夫に子も親等も兄弟姉妹もいない場合(上記1から3以外の場合)

上記1から3以外の場合、すなわち、夫に子も親等も兄弟姉妹も代襲相続人もいない場合、相続人は妻のみとなります。

5.ご相続の無料相談をお受けしております

江戸川区の司法書士うんの・たかはし法務事務所では、上記のような、ご相続に関するご相談を無料でお受けしております(土日・祝日・夜間対応可)。

まずは、下記のお電話・メール・専用ページから、無料相談の日時をご予約ください。

 お電話でご予約:03-6323-2215

 メールでご予約:info@ut-houmu.com

 「相続無料相談のご予約」ページはこちらです。

なお、司法書士が外出中のときや、営業時間(平日9時から18時)外には、お電話に出られない場合がございますので、何とぞご了承ください。

その場合は、時間をおいておかけ直しいただくか、メールまたは上記の「相続無料相談のご予約」ページをご利用くださいますと、大変助かります。

江戸川区の司法書士うんの・たかはし法務事務所では、ホームページからお問い合わせくださった皆さまのお役に立てる日を楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加