相続登記:相続による不動産の名義変更

目次

1.相続の登記は、お早めに(相続の登記の期限)

質問1
不動産の所有者が亡くなりました。
相続による不動産の名義変更の登記(相続の登記)は、いつまでに申請すればよいですか?

回答:司法書士うんの
大切な方を亡くされて、お気持ちの整理もままならないところかもしれません。

お気持ちが落ち着かれましたら、なるべくお早めに申請されることをおすすめ致します。

相続の登記(相続による不動産の名義変更)の申請には、法律上の期限はありません。

しかし、相続の登記を終えていないと、次のような不都合が生じることが考えられますので、不動産の登記の名義をそのままにしておくことは、おすすめできません。

  • 不動産を売却できない
  • 不動産を担保にした融資を受けられない
  • 相続人がお亡くなりになると相続人の数が増え、遺産分割協議をまとめるのが難しくなる
  • 相続人がお亡くなりになると相続人の数が増え、手続きにかかる時間と費用が増える
  • したがいまして、相続の登記(相続による不動産の名義変更)の申請は、なるべくお早めに行うのがよいものと考えております。

    目次にもどる

    2.相続の登記のご依頼から、完了までのお手続きの流れ

    質問2
    相続の登記の申請を依頼したいのですが、
    依頼から完了までの手続きの流れを教えてください。

    回答:司法書士たかはし
    おおよそ、以下の表のような流れとなります。

    原則としましては、面談できる範囲にお住まいの相続人様とは極力お会いさせていただく機会を設けたいと考えております。

    STEP1 お客さま▶当事務所 まずは、ご相続の内容をお聞かせください。
    ▶無料ご相談・面談のご予約は、こちらから。
    STEP2 お客さま◀当事務所 お見積り金額と必要書類をご案内致します。
    ご納得いただけましたら、正式にご依頼ください。
    STEP3
    当事務所
    戸籍謄本等をご手配致します。
    ※お客さまご自身でご手配することも可能です
    STEP4 お客さま◀当事務所 ご署名・ご捺印いただく書類をお届け致します。
    ※ご郵送又はご持参致します
    STEP5 お客さま▶当事務所 ご署名・ご捺印された書類等をご返送ください。
    STEP6 お客さま▶当事務所 登記費用又は実費分のお振込みをお願い致します。
    STEP7
    当事務所
    登記を申請致します。
    STEP8 お客さま◀当事務所 登記完了後、完了書類をご郵送致します。

    目次にもどる

    3.相続の登記にかかる費用

    質問3
    相続の登記の費用は、どれくらいになりますか?

    回答:司法書士たかはし
    東京都内の一般的なご自宅の不動産のみの相続の登記の場合、司法書士報酬は、6から8万円程度でおさまることが多いです(登録免許税などの実費は別途かかります)が、具体的には下表をご覧ください。

    下表のすべての項目の合計額ということではなく、ご相続の内容に応じ、下表の必要となる項目のみの合計額となります。

    相続の登記の費用は、下表の各項目のうち、必要となる項目の [司法書士報酬] [実費] の合計額となります(ご相続の内容により項目の要否が異なります)。

    ご相続の内容に応じた最適な費用をご提案致しますので、ぜひお話をお聞かせください。

    [全国対応]相続の登記費用(金額がオレンジ色の項目のみ必須で、他はオプションです
    [司法書士報酬]
    ※消費税を頂戴致します。
    相続の登記申請 38,000円~
    遺産分割協議書作成 18,000円~
    戸籍謄本等取得 1通 1,800円
    固定資産評価証明書取得 1通 1,000円
    事前調査(登記情報取得) 500円 × 不動産の数
    事後確認(登記簿謄本取得) 500円 × 不動産の数
    [実費] 登録免許税 固定資産評価額 × 0.4%
    戸籍謄本 1通  450円 ※
    戸籍の附票・住民票 1通  300円 ※
    除籍謄本・改製原戸籍謄本等 1通  750円 ※
    固定資産評価証明書 400円 × 不動産の数 ※
    定額小為替 戸籍謄本等1通ごとに 100円
    事前調査(登記情報取得) 335円 × 不動産の数
    事後確認(登記簿謄本取得) 500円 × 不動産の数
    郵送代  取得する戸籍謄本等の数、
     相続人様の人数等により異なります。
    交通費  ご面談の場所により異なります。

    ※戸籍謄本、戸籍の附票、住民票、除籍謄本、改製原戸籍謄本、固定資産評価証明書、それぞれの実費(役所発行手数料)は、自治体により多少異なる場合がございます。

    まずは、無料相談でお話をお聞かせください。
    司法書士うんの司法書士たかはし

    目次にもどる

    4.相続の登記に関する「よくあるご質問」

    質問4
    私が相続した不動産の所在地は、東京都ではないのですが、登記を依頼できますか?
    相続人も江戸川区から遠方に住んでいるのですが・・・

    回答:司法書士たかはし
    不動産の所在地、各相続人様のお住いの場所に関係なく、登記をご依頼いただけます。[全国対応]

    ご面談が難しいところにお住まいの方とは、適宜お電話・ご郵送等を利用してお手続きを進めさせていただきます。

    目次にもどる


    質問5
    相続の登記についての無料相談を検討しています。
    その際に持って行くと良い書類はありますか?

    回答:司法書士うんの
    取得された戸籍謄本等がございましたら、お持ちください。

    また、固定資産評価額の記載のある書類(固定資産評価証明書や固定資産税の課税明細書)をお持ちいただけましたら、登記費用をお見積致します。

    ご印鑑(認印可)や身分証明書もお持ちいただけますと、手続きにスムースに移行できます。

    目次にもどる


    質問6
    相続の登記に必要となる書類を教えて下さい。

    回答:司法書士たかはし
    相続の登記の一般的な必要書類は、次のとおりです。
    ご相続の内容により他の書類が必要となる場合がございます。

    ■被相続人様分(お亡くなりになられた方)■
    1.出生からお亡くなりになるまでの戸籍謄本
    2.戸籍の附票

    ■相続人様分■
    1.遺産分割協議書 
    2.印鑑証明書 
    3.現在の戸籍謄本
    4.現在の戸籍の附票または本籍地の記載のある住民票
    5.固定資産評価証明書
     法定相続の場合は不要です。)

    目次にもどる


    質問7
    発行日の古い戸籍謄本でも、相続の登記に使用できますか?

    回答:司法書士うんの
    相続の登記に必要となる戸籍謄本等については、有効期限がないとするのが原則的な取り扱いとなっていますが、一部に発行日の制限があるので注意が必要です。

    相続人様の現在の戸籍謄本については、被相続人様のお亡くなりになられた日以降に発行されたものである必要があります。

    なお、この取り扱いは東京法務局管轄内のものであり、他の法務局では異なる取り扱いがなされている可能性がございます。

    目次にもどる


    質問8
    がんばれば自分でも相続の登記を申請できると聞きました。
    どう考えたら良いでしょうか。

    回答:司法書士たかはし
    ご相続の内容がシンプルでお時間に余裕があり、市役所や法務局を行き来することを厭わない、というようなお方であれば、ご自身で相続の登記を行うことも可能かと思います。

    しかし、ご自身で行なうことができる相続の登記は、内容がシンプルでしょうから、当事務所にご依頼いただいた場合の司法書士報酬額は、少額で済む場合がほとんどだと思います。

    したがいまして、まずはお見積をご依頼いただき、金額をご覧になられてから、ご自身で行なうかどうかをお決めになるのが良いのではないでしょうか。

    皆さまからのお見積のご依頼をお待ちしております。

    土曜日・日曜日・祝日・夜間もお話をうかがいます。
    司法書士うんの司法書士たかはし

    目次にもどる


    その他の相続に関する「よくあるご質問」は、こちらにご用意致しました

    目次にもどる


    目次にもどる

    5.見積依頼・お問い合わせ

    ご相続のお手続きに関する無料相談を承っております。
    次のお電話、メール、お問い合わせ用ページの中から、ご都合のよい方法でお気軽にご連絡くださればと思います。

     お電話でお問い合わせ 03-6323-2215【ホームページ専用ダイヤル】

     メールでお問い合わせ info@ut-houmu.com

     お問い合わせ用ページ 「相続無料相談のご予約」ページ

    江戸川区の司法書士うんの・たかはし法務事務所では、ご相続のお手続きについてお困りの皆さまのお役に立てる日をお待ちしております。


    目次にもどる